スプライトのペン

スプライトの「ペン」スクリプトには以下の11のブロックが用意されています。スクラッチのペン機能をコントロールするためのブロックです。

スプライトのペンスクリプトには11個のスタックブロックがありますが値ブロックはありません。ブロックの色は深緑色で統一されています。

ペンブロック一覧

ペンブロック動作
消すステージからペンの跡とスタンプをすべて消す
スタンプスプライトと同じ画像をそのままステージ上にスタンプする
ペンを下ろすペンを下ろし、スプライトの動きにそってペンで線を描く
ペンを上げるペンを上げて、ペン機能を無効にする
ペンの色を■にするペンの色を指定した色に設定するる
ペンの色を10ずつ変えるペンの色を指定した数量だけ変更する
ペンの色を0にするペンの色を指定した数値に設定する
ペンの濃さを10ずつ変えるペンの濃さを指定した数量だけ変更する
ペンの濃さを50にするペンの濃さを指定した数値に設定する
ペンの太さを1ずつ変えるペンの太さを指定した数量だけ変更する
ペンの太さを1にするペンの太さを指定した数値に設定する

「ペンを下ろす、上げる、消す」

ペンの上げ下げペンを下ろして、スプライトを動かすと、その軌跡を描きます。
ペンを上げて、スプライトを動かせば、線を描きません。
「消す」で、描いた線を消します。(背景・スプライトは消えません。)

「ペンの色を□にする」

ペンの色を変える
ペンの色を変えることができます。青い四角をクリックすると、カーソルがスポイトの形状になり、
すぐ下側に、色見本のウィンドウが出ます。好きな色をクリックして下さい。四角の色が変わり、その色で線を引くことが出来ます。ます。

「ペンの色を変える」

ペンの色を変えるペンの色は数値で指定することもできます。
0~200の値で指定します。

「ペンの濃さを変える」

ペンの色と濃さペンの色と濃さ
「ペンの濃さ」は、「0」で黒、「100」で白になります
濃さを指定しないと、デフォルトの 50 になります。

ペンの色と濃さの関係は、上図のようになります。

「ペンの太さを変える」

ペンの太さを変える
ペンの太さを変えることができます。

ペンの色と太さを変えてみましょう。
ペンの色と太さ

「スタンプ」

スタンプステージにスプライトをプリントできます。
「消す」で消去できます。

スプライト/コスチュームの読み込み
□回繰り返します。

10角形を描いてみましょう。

目次
スクラッチプログラミング入門

スクラッチプログラミング入門

Scratchは、MITメディアラボが開発した子ども向けビジュアルプログラミング言語です。
スクラッチプログラミング入門では、スクラッチの基本的な使い方から複雑なプログラムの作り方まで子供たちが楽しく学ぶための教育サイトです。

TOP