スクラッチの「マウスのポインターへ行く」ブロック

スプライトのマウスのポインターへ行くは指定したオブジェクト(マウスのポインターやスプライトなど)へ移動します。

目次

1. ▼へ行くについて

x座標を0、y座標を0にするでは、スプライトを移動させる際にその都度座標を入力しなければいけませんでした。

しかし、マウスのポインターへ行くでは座標を入力しなくてもスプライトをマウスのポインターや指定したスプライトの場所へと移動することが出来ます。

マウスのポインターへ行くでは規定値としては「マウスのポインター」「ランダムな場所」が設定されており、「ランダムな場所」を選択すると、毎回違う場所へと移動させることができます。

2. マウスのポインターへ行く

マウスポインターへ行く

まずは、マウスのポインターへ行くスクリプトエリアへ置きます。

このスクリプトに設定したオブジェクト(マウスのポインターやスプライトなど)へ移動します。

ブロックをクリックしてみると、マウスのポインターの方向へスクラッチキャットのスプライトが向かっていますが、ステージから見切れています。

本来であれば、マウスポインター上に移動するのですが、マウスポインターがステージ上にないため、最大限の位置へ移動したといった状態です。

ずっとマウスポインターへ行く

今度は、制御の中のずっとブロックを利用してみましょう。

すると、ずっと「マウスのポインターへ行く」スクリプトが実行された状態ですので、マウスのポインター上でスクラッチキャットのスプライトが移動している状態になります。

マウスのポインターへ向けるでは、スクラッチキャットのスプライトの位置は変わらず方向だけが変化しましたが、マウスのポインターへ行くは方向は変わらず位置だけが変化していきます。

3. ランダムな場所へ行く

ランダムな場所へ行く

続いて▼部分をクリックし、「ランダムな場所」に設定変更してからクリックします。

するとクリックする度にいろいろな場所へ移動します。これが「ランダムな場所」での設定です。

ゲームなどで利用する部分ですので、覚えておきましょう。

ずっとランダムな場所へ行く

先ほどと同じように、今度は「ランダムな場所」を指定して「ずっと」ブロックの制御スクリプトを利用してみましょう。

するとスクラッチキャットのスプライトが分身の術のようにランダムで表示されています。

これらの動作もゲームではよく利用される手法の1つですので、覚えておきましょう。

4. よく利用されるプログラミング事例

こちらではマウスのポインターへ行くを使った、プログラミングの事例を紹介します。

4-1. かくれんぼゲームを作ってみよう

かくれんぼゲーム

ランダムな位置にスプライトを隠して、それを見つけ出すかくれんぼゲームを作ってみましょう。

かくれんぼゲームのプログラミング

プログラミングの内容は、まず隠すでスプライトを隠し、マウスのポインターへ行くでランダムな場所へ移動させます。

次に、もし◆ならの中にマウスのポインターに触れたを条件として入れます。

この条件が満たされた時にスプライトを表示したいので、表示するを加えます。

そしてこれをずっとで囲みます。

これでステージ内に隠れたスプライトにマウスのポインターが触れるとスプライトが姿を現します。

5. 動きブロック一覧

こちらは動きブロックの一覧に14個のスタックブロック3個の値ブロックの計17個のブロックが用意されています。ブロックの色は青色で統一されています。

動きブロック名動作
10歩動かすブロックスプライトを現在の向きに動かす
右に15度回すブロックスプライトを時計回り(右回り)に回す
左に15度回すブロックスプライトを反時計回り(左回り)に回す
90度に向けるスプライトを指定角度の方向に向ける
規定値:「(90)右」「(-90)左」「(0)上」「(180)下」
マウスのポインターへ向けるスプライトをマウスポインターや他のスプ ライトの方向に向ける
規定値:「マウスのポインター」
x座標を0、y座標を0にするステージ上の指定したx座標、y座標にスプライトを移動する
マウスのポインターへ行くスプライトをマウスポインターや他のスプライトの場所に移動する
規定値:「マウスのポインター」「ランダムな場所」
1秒でx座標を0に、y座標を0に変えるステージ上の指定したx座標、y座標にスプライトを指定した秒数かけてなめらかに移動する
x座標を10ずつ変える現在のスプライトのx座標から指定された数値ずつ移動する
x座標を0にするスプライトのx座標を指定した数値に移動する
y座標を10ずつ変える現在のスプライトのy座標から指定された数値ずつ移動する
y座標を0にするスプライトのy座標を指定した数値に移動する
もし端に着いたら、跳ね返るスプライトがステージの端についたとき、スプライトの向きを反転させる
回転方法を左右のみにするスプライトの回転方法を設定する
規定値:「左右のみ」「回転しない」「自由に回転」
x座標スプライトのx座標を示す(x座標の範囲は-240から240まで)
y座標スプライトのx座標を示す(x座標の範囲は-180から180まで)
向きスプライトの向きを示す(0は上、90は右、180は下、-90は左)
スクラッチプログラミング入門

スクラッチプログラミング入門

Scratchは、MITメディアラボが開発した子ども向けビジュアルプログラミング言語です。
スクラッチプログラミング入門では、スクラッチの基本的な使い方から複雑なプログラムの作り方まで子供たちが楽しく学ぶための教育サイトです。

TOP