スプライトの動き

スプライトの「動き」スクリプトには以下の17つのブロックが用意されています。主にスプライトに対して動きを与えるプログラムになっています。また、座標を取得するなど条件分岐にも利用されるブロックもありますので、ご確認ください。

こちらでは「動き」スクリプトの「▼へ行く」ブロックについて解説していきます。

動きブロック一覧

動きブロック名設定値
●歩動かす
右に●度回す
左に●度回す
▼度に向ける(90)右、(-90)左、(0)上、(180)下
▼へ向けるマウスのポインター
x座標を●、y座標を●にする
▼へ行くマウスのポインター、ランダムな場所
●秒でx座標を●に、y座標を●に変える
x座標を●ずつ変える
x座標を●にする
y座標を●ずつ変える
y座標を●にする
もし端に着いたら、跳ね返る
回転方法を▼にする左右のみ、回転しない、自由に回転
x座標
y座標
向き

▼へ行く

ブロックパレットにある「マウスのポインターへ行く」ブロックは指定したオブジェクト(マウスのポインターやスプライトなど)へ移動します。規定値としては「マウスのポインター」「ランダムな場所」が設定されています。

「▼へ行く」ブロックをスクリプトエリアへ配置し、「ランダムな場所」を選択後クリック

まずは、「▼へ向ける」ブロックの上でドラッグしてスクリプトエリアへ移動しドロップします。このスクリプトに設定したオブジェクト(マウスのポインターやスプライトなど)へ移動します。

まずは、▼部分をクリックし、「ランダムな場所」を選択します。選択が終わったらブロックをクリックしてみてください。するとクリックする度にいろいろな場所へ移動します。これが「ランダムな場所」での設定です。ゲームなどで利用する部分ですので、覚えておきましょう。

「▼へ向ける」ブロックを移動

「マウスのポインター」に設定変更し、クリック

続いて「マウスのポインター」に設定変更してからクリックします。するとマウスポインターの方向へスクラッチキャットのスプライトが向かっていますが、ステージから見切れています。本来であれば、マウスポインター上に移動するのですが、マウスポインターがステージ上にないため、最大限の位置へ移動したといった状態です。

「マウスのポインターへ向ける」ブロックをクリック

「ずっと」ブロックに「マウスのポインターへ行く」を挟んで実行

今度は、「制御」スクリプトの中の「ずっと」ブロックを利用してみます。「ずっと」ブロックをスクリプトエリアに移動し、その中に「マウスのポインターへ行く」をはめ込み実行してみてください。

ずっと「マウスのポインターへ行く」スクリプトが実行された状態ですので、マウスのポインター上でスクラッチキャットのスプライトが移動している状態になります。

「▼へ向ける」ブロックでは、スクラッチキャットのスプライトの位置は変わらず方向だけが変化しましたが、「▼へ行く」は方向は変わらず位置だけが変化していきます。

「ずっと」ブロックに「マウスのポインターへ行く」を挟んで実行

「ランダムのポインター」に設定変更

「ずっと」ブロックの制御スクリプトを利用した状態で、「ランダムのポインター」に設定変更します。するとスクラッチキャットのスプライトが分身の術のようにランダムで表示されています。これらの動作もゲームではよく利用される手法の1つですので、覚えておきましょう。

「ランダムのポインター」に設定変更
スクラッチプログラミング入門

スクラッチプログラミング入門

Scratchは、MITメディアラボが開発した子ども向けビジュアルプログラミング言語です。
スクラッチプログラミング入門では、スクラッチの基本的な使い方から複雑なプログラムの作り方まで子供たちが楽しく学ぶための教育サイトです。

TOP