スプライトの動き

スプライトの「動き」スクリプトには以下の17つのブロックが用意されています。主にスプライトに対して動きを与えるプログラムになっています。また、座標を取得するなど条件分岐にも利用されるブロックもありますので、ご確認ください。

こちらでは「動き」スクリプトの「もし端に着いたら、跳ね返る」ブロックについて解説していきます。

動きブロック一覧

動きブロック名設定値
●歩動かす
右に●度回す
左に●度回す
▼度に向ける(90)右、(-90)左、(0)上、(180)下
▼へ向けるマウスのポインター
x座標を●、y座標を●にする
▼へ行くマウスのポインター、ランダムな場所
●秒でx座標を●に、y座標を●に変える
x座標を●ずつ変える
x座標を●にする
y座標を●ずつ変える
y座標を●にする
もし端に着いたら、跳ね返る
回転方法を▼にする左右のみ、回転しない、自由に回転
x座標
y座標
向き

もし端に着いたら、跳ね返る

ブロックパレットにある「もし端に着いたら、跳ね返る」ブロックはスプライトステージの端に着いたら、自動的に反対方向へ進む向きを変えます。

「●歩動かす」ブロックと「もし端に着いたら、跳ね返る」ブロックをスクリプトエリアへ配置

まずは、「動き」スクリプトの「●歩動かす」ブロックの上でドラッグしてスクリプトエリアへ移動しドロップします。同じように「もし端に着いたら、跳ね返る」ブロックを「●歩動かす」の下に配置します。そして、跳ね返りを確認できるようにスクリプトエリアから「Sprite1」(スクラッチキャット)の左上にある(i)をクリックして、現在の角度を表示させます。

「10歩動かす」ブロックを移動

「100歩動かす」に設定変更して実行

「●歩動かす」ブロックの「10」の数値を「100」に変更して実行します。

するとスクラッチキャットのスプライトが端に着くまでは90度の方向へ向いていましたが、端に着いて更に進むと自動的に跳ね返りました。この時の向きを確認すると-90度に変更されています。

「10歩動かす」ブロックをクリック

「200歩動かす」に設定変更して実行

今度は、200歩に変更して実行すると端に着くたびに向きが「90度」「-90度」と跳ね返ります。ただし、向きが反転するとスクラッチキャットのスプライトも反転し逆さまに表示されてしまいます。こういった場合によく利用されるのが、「回転の種類」の設定です。

「回転の種類」には、「自由に回転」「左右のみ」「回転しない」の3つがありますが、初期設定は、「自由に回転」になっていますので、こちらを「左右のみ」に設定して再度実行するとスクラッチキャットのスプライトは逆さまにならずにx方向のみ反転されます。

「10」の数値を「100」に変更
スクラッチプログラミング入門

スクラッチプログラミング入門

Scratchは、MITメディアラボが開発した子ども向けビジュアルプログラミング言語です。
スクラッチプログラミング入門では、スクラッチの基本的な使い方から複雑なプログラムの作り方まで子供たちが楽しく学ぶための教育サイトです。

TOP