プロジェクト(作品)の共有方法と知っておくべき2つの注意点

プロジェクト(作品)の共有方法と知っておくべき2つの注意点

スクラッチで制作したプロジェクト(作品)は、Scratchコミュニティーサイト上で公開(共有)することができます。公開(共有)されたプロジェクト(作品)は、世界中のスクラッチで楽しんでいるユーザーが遊ぶことができます。また、他のScratchユーザーによってリミックスされて、面白さが加わりより完成度の高い作品へと生まれ変わることもあります。

ただし、プロジェクト(作品)を共有する場合は色々な条件がありますので、共有することがどういうことなのかを理解した上で、プロジェクト(作品)を共有し、世界中のユーザーへ公開しましょう。

こちらでは、プロジェクト(作品)の共有方法や知っておくべき注意点などをまとめています。

目次

Scratchアカウントでサインインする

ログイン入力画面

プロジェクト(作品)を共有する場合は、Scratchサイトにサインインする必要があります。サインインしていない人は「アカウントのサインイン・サインアウトの方法」をご確認ください。

プロジェクト(作品)を共有する方法

スクラッチで作品を制作する際には「Scratch2.0オンラインエディター」「Scratch2.0オフラインエディター」「Scratch1.4オフラインエディター」などがありますが、それぞれプロジェクト(作品)の共有する方法が異なります。

こちらでは、それぞれのバージョン毎の共有方法をまとめています。

Scratch2.0オンラインエディターからプロジェクト(作品)を共有

Scratchサイトの「私の作品」ページリンクをクリック

「Scratch2.0オンラインエディター」から共有する場合は、まずScratchサイトの「私の作品」ページを開きます。「私の作品」ページの利用方法については、「Scratch作品を確認する方法と作品の新規作成・削除する方法」をご確認ください。

「私の作品」ページから共有するプロジェクトを選択

「私の作品」ページを開いたら、プロジェクト一覧の中から共有したいプロジェクト(作品)の「中を見る」ボタンをクリックします。

「Scratch2.0オンラインエディター」の共有ボタンをクリック

「Scratch2.0オンラインエディター」が開いたら、右上に灰色の「共有」ボタンがありますので、こちらをクリックします。

共有プロジェクトを情報を追加する

「共有」ボタンをクリックするとプロジェクト画面が表示されます。左上に「プロジェクトは共有されています。」と表示されますので、この段階で共有は完了しています。

共有したプロジェクト(作品)に情報を加える場合は、右側の「使い方」「メモと作品への貢献」欄に入力します。「使い方」には、どのキーを押せばどのように動作するなどプロジェクトの基本的な使い方をまとめます。

「メモと作品への貢献」には、どうやってこのプロジェクトを作成したのか、他のScratchユーザーのアイデアやスクリプト・画像などを使用している場合は、そのユーザーに対しての感謝を書き込みます

共有プロジェクトのタグ付け

また、プロジェクト(作品)にタグを付けたい場合は、「メモと作品への貢献」欄の下にある「Add project tags.」をクリックする、「Animations」「Art」「Games」「Music」「Simulations」「Stories」の6つのタグが表示されますので、その中から該当するタグをクリックするとタグが追加されます。

独自のタグを追加したい場合は、直接入力してEnterキーを押すと独自のタグを追加することができます。

プロジェクト共有の「作りかけ」チェックボタン

「使い方」欄の上に「作りかけ」チェックボタンがありますが、こちらをクリックして保存されるとタグに「work-in-progress」というタグが追加されます。こちらは、現在作りかけプロジェクトのタグで他のScratchユーザーへ「作りかけ」であることを知らせるための機能です。

Scratchユーザーから見たプロジェクト画面

こちらは、他のScratchユーザーから見たプロジェクト画面です。タグはリンク付けされており、先ほど編集していた画面とほぼ同じ表示になっているのが分かります。

「私の作品」ページでプロジェクト共有を確認

「私の作品」ページを確認すると、先ほどはなかった「追加する▼」ボタンや「好き」「お気に入り」「参照」「リミックス」「コメント」の数が表示されます。

Scratch2.0オフラインエディターからプロジェクト(作品)を共有

Scratch2.0オフラインエディターには「Webサイトで共有」という機能がありますが、厳密にはScratch2.0オフラインエディターから直接共有することはできません。一旦、Scratchサイトへプロジェクト(作品)をアップロードしてから共有していきます。

メニューバーの「ファイル」>「Webサイトで共有」をクリック

まずは、メニューバーの「ファイル」>「Webサイトで共有」をクリックします。

「ScratchのWebサイトで共有する」画面

「ScratchのWebサイトで共有する」画面が表示されたら、「プロジェクト名」「あなたのScratch名」「パスワード」を入力して、「OK」をクリックします。

「あなたのScratch名」「パスワード」には、Scratchサイトで作成したアカウント情報を入力します。

Scratch2.0プロジェクトアップロードの成功・失敗例

「OK」をクリックするとScratchサイトへプロジェクトがアップロードされます。アップロードに成功した場合は、「あなたのプロジェクトはscratch.mit.eduへアップロードされました」と表示されます。

失敗した場合は、「サーバーエラー:invalid_user」と表示されます。こちらはScratchアカウント名もしくはパスワードが間違っている可能性がありますので、再度入力してアップロードしてください。

「私の作品」ページのプロジェクトチェック

アップロードされたら、「私の作品」ページを確認します。すると一番上に、先ほどアップロードしたプロジェクト(作品)が追加されました。こちらのプロジェクト(作品)を共有したい場合は、先ほどのScratchオンラインエディターの方法と同様に共有してください。

Scratch1.4オフラインエディターからプロジェクト(作品)を共有

Scratch1.4オフラインエディターにも「ネットワーク上でこのプロジェクトを共有」という機能がありますが、こちらもScratch1.4オフラインエディターから直接共有することはできません。Scratch2.0と同様に一旦、Scratchサイトへプロジェクト(作品)をアップロードしてから共有していきます。

メニューバーの「共有」>「ネットワーク上でこのプロジェクトを共有」をクリック

まずは、メニューバーの「共有」>「ネットワーク上でこのプロジェクトを共有」をクリックするか、「共有」ボタンをクリックします。

「Scratchサーバーへアップロード(scratch.mit.edu)」画面

「Scratchサーバーへアップロード(scratch.mit.edu)」画面が表示されたら、「Scratchウェブサイトのログイン名」「パスワード」「プロジェクトの名前」「プロジェクトのメモ」を入力して、「OK」をクリックします。

タグをつけたい場合は、右側にある「アニメーション」「アート」「ゲーム」「音楽」「シミュレーション」「物語」のいずれかをクリックするか、他のタグのテキストボックスに独自のタグを入力します。

Scratch1.4プロジェクトアップロードの成功・失敗例

「OK」をクリックするとScratchサイトへプロジェクトがアップロードされます。アップロードに成功した場合は、「あなたのプロジェクトは現在以下にあります。scratch.mit.edu」と表示されます。

失敗した場合は、「Failed:INVALID_USER</status></scratchr-upload>」と表示されます。こちらもScratch2.0動揺にScratchアカウント名もしくはパスワードが間違っている可能性がありますので、再度入力してアップロードしてください。

「私の作品」ページのScratch1.4プロジェクトチェック

アップロードされたら、「私の作品」ページを確認します。すると一番上に、先ほどアップロードしたプロジェクト(作品)が追加されました。こちらのプロジェクト(作品)を共有したい場合は、先ほどのScratchオンラインエディターの方法と同様に共有してください。

Scratch1.4プロジェクト共有の確認

Scratch1.4オフラインエディターからアップロードした場合は、プロジェクト(作品)を共有するとアップロードする際に入力・選択した「プロジェクトのメモ」とタグが反映されます。Scratch2.0からはこの項目は削除されていますので、Scratch2.0以上でアップロードする場合は、プロジェクト画面にて情報を入力してください。

Scratch1.4からアカウントを作成リンククリック

また、「Scratchサーバーへアップロード(scratch.mit.edu)」画面でアカウントを作成していない場合は、「アカウントを作成」リンクが設けられています。こちらをクリックするとScratchサイトのトップページが表示されますので、「Scratchに参加しよう」リンクをクリックしてアカウントを作成してください。

尚、Scratchアカウントを作成する方法については、「Scratchアカウントの作成方法とアカウントでできる6つのこと」をご確認ください。

プロジェクト(作品)共有を解除する方法

プロジェクト共有を解除

プロジェクト(作品)の共有を解除したい場合は、「私の作品」ページの「共有されたプロジェクト」をクリックして、共有プロジェクトを表示させます。

次に、共有プロジェクトの中から共有解除したプロジェクトの右側にある「共有しない」リンクをクリックします。

プロジェクト共有が解除される

「共有しない」をクリックすると上部に「Project unshared successfully」が表示され、共有していたプロジェクト(作品)が共有解除されます。

プロジェクト(作品)共有の注意点

プロジェクト(作品)を共有すると世界中のユーザーに公開され、コメントが届いたりプロジェクト(作品)がリミックスされたりしますが、注意点もあります。共有することがどういうことなのかをしっかり理解しましょう。

共有できるプロジェクト(作品)のサイズ

Scratchで共有できるプロジェクト(作品)のサイズは、50MB未満です。プロジェクト(作品)にはプログラムはもちろんのこと背景画像・スプライト画像・音声など様々データがあります。

プロジェクト(作品)が大きすぎるとエラーメッセージがでる場合がありますので、その場合は音楽など大きいサイズのものを削除して共有するようにしましょう。

尚、Scratch2.0以前(Scratch1.4など)ではファイル制限が10MBとなります。Scratch1.4では「音の圧縮」「画像の圧縮」や共有する際には「音と画像を圧縮する」の圧縮オプションが用意されていますので、そちらを利用しましょう。

共有したプロジェクト(作品)のライセンスについて

共有したプロジェクト(作品)は、Scratch利用規約により「クリエイティブコモンズ 表示-継承 2.0 一般ライセンス」になります。このライセンスにより共有されたプロジェクト(作品)は、誰でもダウンロードやリミックス・再利用ができます。

クリエイティブコモンズ 表示-継承 2.0 一般ライセンスとは?

「表示-継承2.0一般(CC BY-SA 2.0)」の「表示」とは、他のScratchユーザーがリミックスなどプロジェクト(作品)を利用する場合に、元のプロジェクト(作品)のクレジット(Scratchアカウント名)を付けなければいけません。こちらは、リミックスする際に自動的にクレジットされます。

「表示-継承2.0一般(CC BY-SA 2.0)」の「継承」とは、他のプロジェクト(作品)をリミックスして更にそのプロジェクト(作品)を共有する場合は、同じライセンスの元公開しなければいけません。

これらは、あくまで共有する場合のライセンスになりますので、プロジェクト(作品)を共有しない場合は、自由にライセンスを選ぶことができます。

スクラッチプログラミング入門

スクラッチプログラミング入門

Scratchは、MITメディアラボが開発した子ども向けビジュアルプログラミング言語です。
スクラッチプログラミング入門では、スクラッチの基本的な使い方から複雑なプログラムの作り方まで子供たちが楽しく学ぶための教育サイトです。

TOP