スプライトの見た目

スプライトの「見た目」スクリプトには以下の17つのブロックが用意されています。主にスプライトに対して色を変えたり、言葉を発したりと見た目を与えるプログラムになっています。

こちらでは「見た目」スクリプトの「□と●秒言う」ブロックについて解説していきます。

□と●秒言う

ブロックパレットにある「□と●秒言う」ブロックは吹き出しの中に設定したテキストを設定した秒数だけスプライトの言葉として表示させるプログラムです。

「□と●秒言う」ブロックをスクリプトエリアへ配置

まずは、「見た目」スクリプトの「Hello!と2秒言う」ブロックの上でドラッグしてスクリプトエリアへ移動しドロップします。これであなたが作る最初のプログラムが完成しました。このスクリプトを実行するとスクラッチキャットのスプライトが「Hello!」と2秒間言葉を発します。

「□と●秒言う」ブロックをスクリプトエリアへ配置

スクリプトエリアの「Hello!と2秒言う」ブロックをクリック

スクリプトエリアにドラッグした「Hello!と2秒言う」ブロックの紫部分にマウスカーソルを移動しクリックしてみましょう。設定したプログラムが実行されます。今回は、「Hello!」という言葉を2秒間発します。

スクリプトエリアの「Hello!と2秒言う」ブロックをクリック

「こんにちわと5秒言う」に設定変更して実行

今度は、「こんにちわ」と「5」に変更して処理を実行してみます。「こんにちわ」と5秒間表示され、5秒後に表示が消えます。秒数を「0」に設定すると一瞬表示され直ぐに消えますが、負の整数(-5、-100)を入力すると「0」と設定したと同様に一瞬だけ表示されます。

尚、話す位置は決まっており、スプライトを回転させても表示は一定の場所になります。

「こんにちわと5秒言う」に設定変更して実行

6. 見た目ブロック一覧

こちらは見た目ブロックの一覧で15個のスタックブロック3個の値ブロックの計17個のブロックが用意されています。ブロックの色は紫色で統一されています。

見た目ブロック動作
Hello!と2秒言う指定した時間だけスプライト上に入力したテキストをふきだしで表示する
Hello!と言うプライト上に入力したテキストをふきだしで表示する
Hmm...と2秒考える指定した時間だけスプライト上に入力したテキストをふきだし(考え事)で表示する
Hmm...と考えるプライト上に入力したテキストをふきだし(考え事)で表示する
表示するスプライトをステージ上に出現させる
隠すスプライトをステージ上から隠す
コスチュームをコスチューム2にするスプライトのコスチュームを指定したコスチュームに変更する
次のコスチュームにするスプライトのコスチュームをコスチュームリストにある次のコスチュームに変更する
背景を背景1にするステージの背景を指定した背景に変更する
規定値:「次の背景」「前の背景」
色の効果を25ずつ変えるスプライトを選択した画像効果と指定された数量だけ変更する
規定値:「色」「魚眼レンズ」「渦巻き」「ピクセル化」「モザイク」「明るさ」「幽霊」
色の効果を0にするスプライトを選択した画像効果と指定された数量に変更する
規定値:「色」「魚眼レンズ」「渦巻き」「ピクセル化」「モザイク」「明るさ」「幽霊」
画面効果をなくすスプライトに適用されているすべての画像効果を消去する
大きさを10ずつ変えるスプライトの大きさを指定した数値だけ変更する
大きさを100%にするスプライトの大きさを指定した数値に変更する
前に出すスプライトを他のすべてのスプライトよりも手前に移動させる
1層下げるスプライトを指定した層(レイヤ)だけ移動させる
コスチューム#スプライトの現在のコスチューム番号を示す
背景の名前背景の現在の名前を示す
大きさスプライトの現在の大きさを示す
スクラッチプログラミング入門

スクラッチプログラミング入門

Scratchは、MITメディアラボが開発した子ども向けビジュアルプログラミング言語です。
スクラッチプログラミング入門では、スクラッチの基本的な使い方から複雑なプログラムの作り方まで子供たちが楽しく学ぶための教育サイトです。

TOP