迷路ゲームのプログラミングその3

前回の「迷路ゲームのゴールを作る」では、スクラッチキャットがゴールに触れたら「ゴール」と言うプログラムを作りました。スクラッチキャットの移動とゴールの設定が完成したので、今回は迷路ゲームのステージの作り方を説明していきます。

目次

3. 迷路のステージを作る

現在ステージは背景が真っ白の状態です。この真っ白なキャンパスに迷路を作っていきます。

迷路のステージ1

まず、スプライトリストの左にある「ステージ」をクリックします。するとブロックパレットの上にある3つのタブが「スクリプト」「背景」「音」に変わりました。

この中から「背景」タブをクリックすると真っ白なキャンパスが現れます。キャンパスには「直線」や「四角形」「楕円」「テキスト」「塗りつぶし」など背景を自由に描くためのペイント機能が備わっています。

ここに迷路を作っていきますが、先に現在背景の名前が「backdrop1」になっているので「ステージ1」に変更しましょう。

次にキャンパス:直線をクリックして線の太さや色を変えます。線の太さや色は自由に設定しましょう。

準備ができたらキャンパスの左上のあたりをクリックします。その状態でマウスを動かすとマウスに合わせて線ができます。マウスに沿って線を自由に書くことができますが、中にはまっすぐな水平・垂直な線を書きたい場合もあります。

そんなときは「Shift」キーをを押してみましょう。「Shift」キーを押しながらマウスを移動させると水平・垂直に線が固定されてきれいな線を引くことができます。これはスクラッチに限ったことではなくほかのペイントエディターなどでも共通する機能になります。「Shift」キーも使いながらオリジナルの迷路を作ってみましょう。

それと線を引くとステージにすぐ反映されます。キャンパスが小さくて描きづらい時は、ステージとの境界線にあるステージ拡大・縮小をクリックするとステージが縮小され、キャンパスが大きくなります。

もう一度クリックすると元の大きさに戻りますので、迷路を書き終えたら元の大きさに戻しましょう。

迷路のステージ2

迷路のステージが完成したら、次はスクラッチキャットとリンゴを入口と出口に移動させましょう。置いてみると迷路の通路幅からはみ出してしまっています。このままでは迷路ゲームができないので、通路幅に合うようにそれぞれのスプライトの大きさを小さくします。

スプライトの大きさを変える場合は、見た目の中にある大きさを10ずつ変えるを使いましょう。

他にも大きさを100%にするで大きさを変更することもできますが、少しずつ調整したいので、今回は大きさを10ずつ変えるを使っていきます。

このブロックは処理される度に設定した数だけ大きさを変えるブロックです。数字を大きくすればその分大きくなりますが、マイナスの数字を入れると逆に小さくなります

これまでブロックを実行するときは、スクリプトエリアに移動させてからクリックしていましが、実はブロックパレットの中でもクリックして実行することができます。

まず小さくしたいので、ブロックパレットにある大きさを10ずつ変えるの数字を「-10」に変更します。

変更したらクリックするとスプライトの大きさが10ずつ小さくなります。スクラッチキャットとリンゴの大きさを通路幅に合うよう調整します。

大きさを調整したら、スクラッチキャットを動かしてみましょう。動かしてみると迷路の壁を通り抜けてしまいます。このままでは迷路ゲームにならないので、壁を通り抜けできないプログラミングが必要になりますね。

次は壁を通り抜けできないプログラムを作っていきます。

スクラッチプログラミング入門

スクラッチプログラミング入門

Scratchは、MITメディアラボが開発した子ども向けビジュアルプログラミング言語です。
スクラッチプログラミング入門では、スクラッチの基本的な使い方から複雑なプログラムの作り方まで子供たちが楽しく学ぶための教育サイトです。

TOP